毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

映画「3月のライオン」

後編に行って来ました(^o^)
最後まで、「ライオン」の意味は分からず(◎-◎;)
もう1つの映画「ライオン」とは、違う作りの感じ??
こちらは、最後に由来が説明されていたので↑

結果!
調べて見たら…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コミックスなどに書かれている英題は「「March comes in like a lion」。これはイギリスの天気に関することわざ「3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る(March comes in like a lion and goes out like a lamb)」から取られています。

荒々しい天気から段々と穏やかになる3月の気候を表しているこのことわざを、羽海野チカは、「物語が作れそうな言葉」だと感じていた様子。監修を務める棋士の先崎学は、昇級は6月、降級をかけた最終局は3月に行われるため、3月は、棋士がライオンになると語っています。苦しい道を歩いていく姿と、棋士の戦う姿。「3月のライオン」は、まさに物語を象徴する相応しいタイトルになっています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
だそうで↑
イギリス(*_*)
「ライオン」と聞くと
すぐに倒れたライオンに蜂が群がるマークのシロップを思い出すのですが…
あの会社もイギリス
最近みたDVDにもイギリスの王室が出てきたので…
「ロシア押し」の次は、「イギリス押し??」

選挙のことかしら??

映画の中に出てくる!
お山が超!良さげなお山で(^o^)
あの映像を見ただけ!でも、行ったかいがありました(^-^)v

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

カナダ?

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.