毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

茶臼山?!

昨日の映画を見ながら…
「茶臼山」って、ワードが出てきたとたんに↑
「ヤバイ(◎-◎;)」
と、思った私(*_*)
何故ならば↑
茶臼山=古墳のことが多く
更に↑
私の出身高校は、茶臼山にあり↑
在校時期にちょうど?!
発掘作業もあったりで(..)
で!
調べてみたら↑
案の定(>_<)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

古墳自体は5世紀にこの地の豪族のために作られた墓といわれ、大阪市内でも最大級の前方後円墳だが被葬者は不明である。1546年(天文15年)、細川晴元の家臣山中又三郎が古墳の後円部に大塚城を築く。1614年(慶長19年)の大坂冬の陣では茶臼山一帯が徳川家康の本陣となり、翌1615年(慶長20年)の大坂夏の陣では真田信繁(幸村)の本陣となって「茶臼山の戦い(天王寺口の戦い)」の舞台となった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
夏の陣では、徳川家康氏が負けて
冬の陣では、真田幸村氏が負けて
茶臼山を本陣にした方が負けてる(*_*)

そう言えば↑
茶臼山に城を築いた加藤清正氏も2代目の代では、国替えさせられて
結局、おとり潰しだったような??

「古墳」のエネルギーについて↑
考える必要がありそうです!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

平安京・平城京

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.