毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

そんな…設定?!
今回の夏休みの旅行は、3月に決めて↑
決めた理由は、
○割引が使えた
○ハーフバイキングだった
(子ども達がバイキングじゃないと食べられないので)
○砂蒸しが併設されてる
(子ども達に体験させたい)
ってことで↑
母モードで、決めた!
はずでしたが…

到着してみたら↑
「指宿海軍航空隊基地跡」でした。
つまり~
(指宿海軍飛行場 水上機基)=水上偵察機を使っての特攻訓練基地
で!
知覧と同じ特攻基地でした(-.-)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

基地の敷地だったところには現在、市営野球場、陸上競技場、総合体育館、市民会館、国民休暇村などが散在している(沖には、干潮の時にできる砂の道を渡る知林ヶ島が浮かぶ)。
その一画の国民休暇村の敷地の中に、慰霊碑公園はひっそりとたたずんでいる。

◇◇◇◇◇◇◇◇
ってこの「休暇村」↑
8月6日=広島原爆の日に宿泊した私(--;)
休暇村自体が、特攻隊の宿舎跡地で
歩いて1分の場所に慰霊碑公園
そして、その慰霊碑公園に一番近い角部屋に宿泊(._.)

これって、やっぱり…
ガッツリ!「お仕事」設定で(ToT)
ちなみに…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「哀惜の碑」碑文
君は信じてくれるだろうか
この明るい穏やかな多良浜がかつて太平洋戦の末期 本土最南端の航空基地として琉球弧の米艦隊に対決した日々のことを
拙劣の下駄履き水上機に爆弾と片道燃料を積み 見送る人とてないこの海から万感をこめて飛び立ち 遂に還らなかった 若き特別隊員が八十二名にも達したことを
併せて敵機迎撃によって果てた百有余人の基地隊員との鎮魂を祈って ここに碑を捧

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
って書かれているように↑
この基地自体が、空襲で全滅しているようです(T-T)

そんな場所に、ただ寝る?!
無理(T_T)
お仕事をガッツリしつつ
うつらうつらの一晩を過ごしました(._.)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ご褒美はたくさん(*^^*ゞ
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.