毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

解答来ました(*^^*ゞ
カオス=蝶(バタフライ効果)を再度!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆

バタフライ効果(バタフライこうか、英: butterfly effect)とは、力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。
カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、寓意的な表現である。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
で!
前回の「蝶」からのメッセージ紐解きは、こちら方向で行っておりましたが↑
今回は、ガス=カオスだったので!
別の切り口から↑
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カオス(古希: Χ?ο?, Chaos)とは、ギリシア神話に登場する原初神である。「大口を開けた」「空(から)の空間」の意。
オルフェウスによれば、このカオスは有限なる存在全てを超越する無限を象徴しているという。

ヘーシオドスの『神統記』に従うと世界の始まりにあって存在した原初の神である。
世界(宇宙)が始まるとき、事物が存在を確保できる場所(コーラー)が必要であり、何もない「場」すなわち空隙として最初にカオスが存在し、そのなかにあって、例えば大地(ガイア)などが存在を現した。
また、ヘーシオドスはカオスのことをカズム(裂け目)とも呼んでいる。
『神統記』によれば、カオスの生成に続いてガイア(大地)が生まれ、次に暗冥の地下の奥底であるタルタロスが生まれた。
また、いとも美しきエロース(原愛)が生まれた。
しかし、これらの原初の神々はカオスの子とはされていない。

(カオスの子)
カオスより生まれたものは、エレボス(幽冥)と暗きニュクス(夜)である。
更に、ニュクスよりアイテール(高天の気)とヘーメレー(ヘーメラー・昼光)が生まれた。
世界はこのようにして始まったと、ヘーシオドスはうたっている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
これって↑
日本神話のイザナミ・イザナギと同じ(^.^)
g+で↑
ガスのメッセージの日に来た「熱田神宮」からの紐解きをしておりましたが…
そちらが、最終的に「イザナミ」に繋がってますので(^.^)

解答は↑
裂け目
幽冥
で!
最近来ている地震からのメッセージにも繋がったので(*^^*)

どうやら↑
食事会までに間に合いました(^-^)v

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

埋めるモノ!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.