毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

映画「黒崎くんの言いなりに…」
たまには!?
「守護者のメッセージがない!映画に行きたい」と思って選択したはず!の映画でしたが…
先月末の時点で、先行のドラマを観た方より
「引きこもりだった女の子系のお話だよ」と、教えて貰い(*_*)
先行のドラマがあったことをしらなかった私
調べてみたら↑
2015年の冬至の日にドラマが放映されておりました(._.)
この時点で、「守護者からのメッセージあり!」は、確定(T0T)
しかし…
この情報を知って、スルーするなんて怖いことは出来ず(T_T)

せめて!3月3日前には、済まそうと↑

で!
メッセージですが…
映画の中に2人
「中学校でいじめられていて…高校では」
って設定の人がいたことかと?

つまり~
その設定が普通に?受け入れられるのが、今の風潮ってことかと?

この「設定が普通」ってのが、最近、海外の映画を観ていて気になることなので↑
例えば、先日の西部劇の映画だと誰もかれもがピストルを撃てるとか?人種差別があるとか

国や時代によって、「普通」って設定は、変化している訳ですが↑

ならば↑
現時点での「普通」の中で、今世の課題にチャレンジしている!ってことの意味は?!

恋愛の映画を観て↑
キュン(⌒‐⌒)
と、なる暇もなく、頭がグルグル回るってのも守護者の設定??

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

動くを選択する
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.