毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

映画「海難1890」
映画になる前から…
何か?のキーワードのときに調べてたので、この史実の内容は知っていた私(^.^)
気になる!ので、見て来ました(^-^)ゝ゛
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1890年9月16日夜半、オスマン帝国(現トルコ共和国)の軍艦が和歌山県串本沖で遭難し、587名が死亡した(生存者は69名)。紀伊大島の村民は何の打算もなく無私無欲で救護活動を行った。そこから生まれた日本とトルコの友好関係を描いた感動作!

イラン・イラク戦争時、日本政府はテヘランから日本人を救出することができなかったが、その時、日本人を救出したのはトルコ政府である。彼らは「恩返しです」とこともなげに言うのであった。

国家間の政治的な繋がりはもろい。しかし、国民同士の固い絆は、今後の世界の友好を考える上で大きなヒントを与えてくれる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ってなお話です(^.^)
「人の思考」の基本的な考え方について…
色々考えさせられました。
国同士
利害関係なしに考えられれば
色々解決出来ることがあるのかも(-.-)

それにしても(._.)
海難事故の慰霊碑がある場所が…
紀伊半島のエネルギー調整ラインの下はしっこ(-.-)
先日、上のはしっこもんじゅ原発のニュースを聞いたような?!

うーん(-.-)
映画からのメッセージを加味すると…
「お仕事」しないとヤバイような(T_T)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

海底まで
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.