毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

なるほど…
エネルギー調整のお仕事をするのに↑
そろそろ出雲大社の「神在祭」(=海から神様を迎える)だなと…
で!
海からのエネルギーも使ってみましょうかと(^o^)
原始の細胞は、海から生まれた訳で(^_^)
地球に生命が理由が「海」の存在ならば♪
来年に向けた次の課題には、良いかと?!
何しろ↑
守護者から降りて来る未来映像も!
「海」「船」が象徴で!
会社の名前もArk-Angle=方舟が入ってる訳で(^_^)

そんなことを考えつつ…
出雲大社のことを調べていたら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この世=顕世 顕事(あらわにごと)、現事(あらわのこと)
あの世=幽世 幽事(かくりごと)、神事(かみのこと)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ってのを見つけました!
何でも…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本居 宣長は、記紀をもとに「顕事(あらわごと)」と「幽事(かくりごと)」との対立軸を著し、「顕事」とは現世における世人の行う所業(=頂点は天皇が行う政(まつりごと))であり、「幽事」とは目に見えない神の為せる事(=統治するのは大国主神)であるとした。

平田篤胤は、顕幽論をさらに発展させ、顕界は有限の仮の世界であるのに対し、幽界は無限の真の世界であるとし、死者の魂は「幽冥界主宰神」である大国主神によって裁かれ、善なる霊魂は「天津国」へ、悪き霊魂は「夜見国」へ送られるとした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
つまり、「大国主神」=出雲大社の神様は、冥界の神様??

げっ!
冥界の門番系は、前世に関わるメッセージで

てっきり!
冥界系と神様系は、別のことだと思っていましたが~
二つは、一緒!?

道理で(T0T)
「未浄化霊」が最近やたらに来る訳ですね(._.)

つまり~
「神事」系は、一通り磨いたから…
次は、「幽世」系も!
二つ同時に!!
ってことかと(T_T)
「同時進行」のメッセージがこちらにも繋がるとは、思いませんでした(*_*;

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

思考の分割!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.