毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

やっぱり(-.-)
昨日の映画「アントマン」からの学びを復習していて…
今朝、ふと降りて来たメッセージは
「霊は、霊でも、未浄化霊との対話ではなく!彼岸に至り、既に悟りの境地にいる霊との対話!」
ってモノで…
「霊」関連の出来事が、未浄化霊のモノばかりったので、気付かなかった私(-.-)
で!
朝から…
前から誘われていた霊達のグループに参加して、議論!

そんなことをしつつ↑
今日は、元々温泉の予定だったので(^-^)
岩盤浴で、更にミーティング!
結論が出たところで…
週刊紙を読みはじめたら
「此岸と彼岸」の説明が掲載されているのを発見!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
此岸(しがん)とは 
此岸は私たちの住んでいる世界の事で、欲や煩悩にまみれた世界です。さまざまな苦悩に堪(たえ)え忍ばねばならないこの世界を、サンスクリット語では「サハー」といい、「忍土」という意味です。
これを中国語では「娑婆」と書き、世間の事を俗に「しゃば」というのは、ここから来ています

彼岸(ひがん)とは 
釈迦が「彼岸に渡れ」と説いたように、彼岸は人々が欲や煩悩から解放された世界です。彼岸はサンスクリット語で「パーラム」、渡る事は「イター」といい、これをつなぐと「パーラミター」となります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
色々なモノを捨てて、河を渡れば、悟れる!
って、教え?
教えは、分かりました!

しかし~
温泉に行く前に!
メッセージを降ろして
温泉でしか読まない週刊紙に解答を乗せているとは…

守護者あざとすぎる(T0T)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

孫の代!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.