毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

映画「キングスマン」
色々学びがある映画でしたが↑
特に!
エンドロールが一番気になりました(-.-)
で!
調べてみたら↑
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

映画が終わってエンドロールの中に「真のキングスマンが何かを教えてくれた母にこの映画を捧げる」とメッセージが出てきますが、この意味は「監督が母から厳しくしつけられ、育てられたことで、キングスマンを生み出す精神が創られた」ということだそうです。

監督自身もこのようにコメントしています。

母はキングスマン精神のすべてを教えてくれた。礼儀についても厳しかったし、この映画を見ていたら「あなたにももう少しハリー・ハートのようなところがあればいいのに。
それがお母さんの望みだったのよ」と言われていただろうね。僕が映画監督じゃなくてキングスマンの一員になりたかった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
だそうで↑
つまり~
お母様の影響によって出来た映画!
お母様との関係をこの文章から推察して…
監督さんの幼少期の状況を加味して、映画の内容を吟味すると…
更に↑
深い学びがある訳です(-.-)

うーん(-.-)
で!
守護者からのメッセージは?!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

母と息子の関係
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.