毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

選択の幅
メルマガで見つけた「選択」の方法を引用させて頂きますと…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2歳の娘をもつ坂井恵美さん(仮名)。
保育園に毎朝、娘を連れていくのですが、困っていました。
娘が靴を履きたがらないのです。もちろん、靴を履かずに連れていくことはできず、
「靴を履いて」
というのですが、まったく履く気配もないばかりか、部屋に戻ってブロックで遊ぼうとします。
遅刻することもしばしば。ほとほと困っていた坂井さん。
ある日、ママ友から聞いた伝え方のレシピを使ってみることにしました。
娘に2つの靴を見せて、
「青い靴と、赤い靴どっちがいい?」
すると娘は「あおいくつ!」と指差し、じぶんから靴を履きはじめたのです。
娘としては、むりやり決められた靴を履かされるのはイヤだったのでしょう。
自分の意志で選んだことで、じぶんから靴を履こうという気持ちになったのです。
これは伝え方の切り口「選択の自由」を使っています。

_______
「伝え方が9割 ?」
佐々木圭一 著
ダイヤモンド社より

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
これ…
確かに、手法的には、効果があるかと!?
ビジネス的な本…確か?営業のノウハウの本にも掲載されていたような(^_^)
だから…
良い方法なのでしょう(^-^)

しかし…
一度!
守護者に「選択の自由」を使われているとしたら?
と、考えた途端に(-.-)
実に嫌な気分になりました(*_*;

先日見た映画「ターミネーター」から紐解いたメッセージの一つが↑
「選択は、自由だと思い込んでいるだけ!」ってので(._.)
過去の経験や性格
もろもろの設定で、すべての選択肢の中から選択をするわけではなく
予め自分好み=自分の設定で、選択肢の幅を狭くしてから、選択している
ってモノで(*_*)

このタイミングでメルマガを見つけるということは、やっぱり!
守護者が選択させたいモノの中から選択させている!
ってこと?!

もちろん!
守護者的には、私自身が今世の課題として、決めて生まれてきた課題をクリアするためのサポートとして!
選択の幅を狭めてくれているのでしょうが(-.-)

お釈迦様の手のひら(T_T)
微妙な気分になるのは、私だけでしょうか?!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

守護者の愛!
だけど…
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

選択については、すごくゆだねている感覚をもっています。過去の経験で一番は、妻との出会いです。教育実習で出会ったのですが、実習先が決まるまでの経験が不思議で、何かに導かれていたのかなという感覚がありました。まず、地元熊本に帰って実習を受ける方法もあったのですが、お金がなくて断念。つくば市内の大学近くの中学校を希望したら、人気が高くて抽選漏れ!…なぜか今、この学校に勤めていますが…
仕方なく隣町の遠方の学校を希望したら、これには当選。20人希望して1人しか行けない確率のくじ引きでした。その学校は、妻の母校で同じタイミングで実習に来ていたので出会いました。
そして、今は娘がその学校に通っています。この経験から、何かに選択の幅が狭められて、出会う人や場所に導かれている感覚を強く持ちます。
まさお | URL | 2015/07/27/Mon 15:43[EDIT]
まさお様
凄い!確率ですね
つまり
奥様もお子様も必然=守護者の意図で、ご家族にになられた訳ですね
今世の課題の多くは、「ご家族」がヒントのようですね
ご家族を含めて、血縁関係の出来事からの学びが深いと思います
過去・現在、そして、未来の予定・出来事を照らし合わせて、その都度紐解きをされてみて下さいね
karin | URL | 2015/07/27/Mon 20:18[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.