毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

キーワードの流れ的には↑
9月4日から始まった週のランチミーティングやカウンセリングで、いくつか?のキーワードが重なって来ていることが判明!

それぞれ別の方なのですが(^-^)
ゲート(門)
稲荷
古墳
大坂

で!
とりあえず…
稲荷を調べてみたら↑
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

稲荷神は、和銅4年(711年)に山城国稲荷山(伊奈利山)、すなわち現在の伏見稲荷大社に鎮座したと伝えられている。元々は京都一帯の豪族・秦氏の氏神で、現存する旧社家は大西家である。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「苗字」が別件で、キーワードとして来ていたので↑
「秦氏」をチョイスすると…
「渡来人」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

揚子江流域などから伝わった(水稲)作に始まり、後には漢字、仏教や寺院建築技術などを日本に持ち込み、古代日本における文化・政権形成に大きな役割を演じたと考えられている。

古くは縄文時代の終わり、約2500年前頃よりアジア大陸から、春秋時代やその後の戦国時代にかけての混乱と戦災を避けて日本に渡ってきたと考えられている。彼らが最初に水稲を持ち込み(陸稲は約6000年前から存在。)、いわゆる弥生時代に繋がっていく。彼らは弥生人と呼ばれることが多い。
古墳時代にはヤマト王権に仕える技術者や亡命者として中国大陸や朝鮮半島から人々が渡来した。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
うーん(-。-;)
渡来人推し!みたいですが…
「混乱と戦災を避けて来た!」を取るか?
「技術者として、請われて!」を取るか?
「関ケ原」の渡来人は、請われて!かな?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

起点?
スポンサーサイト
Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.