毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

3度目ですが…
昨年の娘に引き続き↑
今年は、息子の宿題のために「神風連資料館」へ

今日も、説明をして頂いたのですが…
一番!気になったのは、三島由紀夫氏のこと
三島由紀夫氏は、この神風連資料館に足を運んで、小説を書かれているのですが
それが最後の小説で、その後にアノ事件が(*_*)

今回の説明では、16歳の時に出会った人
更に!20歳の頃に知人にあった事件が布石となって、アノ事件に的な

勿論!出来事があっても、その人がどんな選択をするか?で、未来は変わると思いますが…
やっぱり!
人生には、守護者からの「布石」があるのだと改めて実感しました。
怖い((( ;゚Д゚)))

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神官を選択した理由
スポンサーサイト
Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.