FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

ウロボロス!?
昨日見た映画で、また、思い出した…
「ウロボロス」
最近、キーワードが来てるというか~
「波動」が何度か?来ているというか…
とにかく気になったので、改めて調べてみたら↑
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウロボロス (ouroboros, uroboros) は、古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となったヘビもしくは竜を図案化したもの。
ウロボロスには、1匹が輪になって自分で自分を食むタイプと、2匹が輪になって相食むタイプがある。
2匹のタイプの場合、1匹は何も無い素のままの姿だが(王冠を被っているタイプもあり)、もう1匹は1つの王冠と1対の翼と1対の肢がある。

ヘビは、脱皮して大きく成長するさまや、長期の飢餓状態にも耐える強い生命力などから、「死と再生」「不老不死」などの象徴とされる。
そのヘビがみずからの尾を食べることで、始まりも終わりも無い完全なものとしての象徴的意味が備わった。

今日見られるウロボロスの起源となる、みずからの尾をくわえたヘビ(または竜)の図の原形は、紀元前1600年頃の古代エジプト文明にまでさかのぼる。
エジプト神話で、太陽神ラー(レー)の夜の航海を守護する神、メヘンがこれに当たり、ラーの航海を妨害するアペプからラーを守るため、ウロボロスの様にラーを取り囲んでいる。
これがフェニキアを経て古代ギリシアに伝わり、哲学者らによって「ウロボロス」の名を与えられた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
だそうで~
「ラー様」が出てきたね(*_*)
うーむ(._.)
なんだか…
嫌な感じ解答になりそうなので(._.)
保留で( ̄^ ̄)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

終わりが始まり
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.