FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

袋!?
こんなメルマガを受け取り↑
色々考えております(^_^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大黒様の背負っている袋には、何が
入っているのかご存知でしょうか?

「あの袋の中には、この世の中のあらゆる心配ごとや、苦労なことや、難しい問題が入っているのであります」

そして、その袋を背負う気持ちが大切で、
「できるだけたくさん、人さまの世話をやかせていただくことが立派なことであり、できるだけたくさん、他人の苦労を背負い込むことを喜びとせよ」
と、教えられているのです。

しかし、気をつけなければいけないのが、人さまの世話をしたり、人さまの苦労を背負い込んだりすると、
「自分はこういうことをしてあげているのだから偉いな」
という気持ちや、
「これだけのことをしているのだから、感謝してくれるのはあたりまえではないか」
という気持ちさえ起こってくるものです。
このように、人さまの世話をやかせてもらって偉いと自分で思ったり、世話のやき賃を求めたりするようではいけない、と教えられています。

仕事をすること、それ自体が喜びであり、感謝。
仕事の中では、人さまの苦労を背負うことが、いちばん大切な仕事。
これが大和民族の受け持ちの考え方、本分という考え方のようです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

その後に読んだ本では、子ども達が書いている「夢」を読んで↑
(Twitterに書いた本です)
「将来の夢は、○○になって、皆にありがとう!と、言ってもらうことです。」
「ありがとう!って言って貰えないと…悲しい」
って(._.)
「他人の喜ぶことをしたい!!」
「他人の喜ぶ姿がモチベーションになる!!」
は、良いはず

けれど…
他人が喜んでくれなかった時
それは、相手のせいではなくて
自分の至らなかった部分を反省する
「全ての出来事は、自分のために起こる=原因は、全て自分にある」
この部分って、成長の過程のどこかで教えて貰えるのかな??

「他人の反応」で、自分を測るよりも↑
日常の出来事の中で、守護者の反応で、自分を測った方が↑
分かりやすいと思う私(^-^)
まあ~
こんなことを考える!?ってところは、守護者の罠!?
でしょうが(*_*)

とりあえず↑
自分の分の袋は、自分で持って運ぶつもりです( ̄∇ ̄*)ゞ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

一旦、他人に袋を持って貰ったようでも
実は、課題を先送りにしただけで
いつか必ず
とんでもない重さの袋を持たされることになる
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.