毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

阿蘇??
最近、阿蘇のキーワードが続けて来て↑
とどめで?
「阿蘇に行きませんか?」
と、お誘いを受けましたが~
うーむ(._.)
「では、弊立神社は?」
そちらは~
更に↑
うーむ(..)

しかし↑
ある理由から、「行く??」って気分に…
しかし!!
「行くなら~6月は、動きたくない!!行くなら、7月かな?」
って、自分では、意味不明な呟きが(*_*)
普通ならば~
早めに済ませたいタイプな私
怪しい(;¬_¬)

とりあえず↑
調べてみた、弊立神社関連記事で、妙なモノを見つけて~
そのキーワード「鯰」から、思い出したのが↑
「国造神社」
調べてみたら…
7月26日(土)が「おんだ祭」でした♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
おんだ祭

14人の「うなり」が頭に鷹羽紋入りの黒塗りのおひつを乗せて、阿蘇の麓にある千枚田の中を運ぶ。
神社の祭神14柱にそれぞれ神饌を運び込む。

うなりは、本来閉経後の女性が白装束に身を包み、顔に白ずきんを巻き、頭におひつを乗せて道中する。
先を馬に乗った猿田彦が先導し、御輿やさまざまの役目のものがこれに続く。
年男、年女、矛などの人形(首だけ)が露払いするが、これはうなりの介添え役の頭屋夫婦。

大昔はうなりは神饌を神前に供えたあと自らの命を絶っていた。

真夏に行われるのはおそらく虫封じ、あるいは阿蘇山の噴火、あるいは台風などの天変地異の鎮魂、封じ込めのためでろう。
国造神社にはなまずのミイラが神として祭られる鯰神社があるので、地震封じもあるだろう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

つまり…
人身御供神事
仕事か(T_T)

実は、今日!!
カウンセリングを終えて、突然!?
映画を見たくなった私
選択した映画は、「ポンペイ」
その生々しい映像を見たあとに~

この神事について調べた私(*_*)

今日のカウンセリングは、昨日入った予約で~
カウンセリングが入らなければ、今日は、映画には、いかなかったはず!?

またしても、守護者にうまい具合に仕組まれたようですが~
断ると↑
噴火に地震ですから
怖い((( ;゚Д゚)))

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

いっそのこと!?
ライトワーカーの学びツアーにする??
守護者に尋ねてみよう!
スポンサーサイト
Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.