FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

薬のような友だち☆
大人になったら、
「その考え方は、間違っている!」
という指摘は、誰もしてくれない
つまり~
「間違っている」考えや行動をしていても…
誰も教えてくれない
ということは↑
「誰も間違っている!と指摘しないから、私は正しい」
と、考えてはいけないということで(◎-◎;)
正しくない可能性は、結構あるのでは?!

誰も指摘してくれないのならば↑
自分自身が気付くしかない!
自分に起きる出来事や周囲の人の状況を見て、守護者の意図に叶っているか?
冷静に分析するしかない(-_-;)
でも、それって…
結構、厳しい修練課題ですよね?!

そんなことを考えていて、ふと思い出しました。
1学期の終り頃に、中学校からのいじめに関するプリントに
乙武洋匡氏の文章が引用されてました。
「友だちには、3つの種類がある。空気のような友だち。麻薬のような友だち。薬のような友だち。」
乙武氏については、勝手な思い込みながら?
前世繋がりを感じているので↑
結構、たくさんの書籍を読ませて頂いてます。

しかし~
この3つの友だちの文章が掲載されている本に記憶がなく~
「いったいどの本?」と気になってました。
でも、その一文で探せる訳もなく(◎-◎;)

ところが、先日、公民館の図書館の無料配布があり、乙武氏の本が一冊ありました。
で、中身も見ずに!
貰ってきてみたら(^.^)
「3つの友だち!」載ってました。
流石は?
前世繋がり?!

いつも一緒にいて、相手の存在が邪魔にならない、なおかつ、いないと非常に困る空気のような友だち。
一緒にいれば楽しいし、周囲に対してのカッコつけにもある。だが、楽しいだけで確実に自分を堕落させていく。麻薬のような友だち。
少々、煙たい存在ではあるが、常に刺激や向上心を与えてくれる薬のような友だち。

薬のような友だちがたくさん周囲にいれば?
前述の課題のクリアも難しくないかも?
そのためには?
やっぱり!
自分自身の向上を目指す♪かな(^o^)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

友人の指摘に素直に頷けるか?
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.