FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

統治者が出来た理由と↑民衆掌握のための統治者の努力って!?
映画「テルマエ・ロマエ」
からの学びも実に深かったです(^.^)
主人公が悩んでいる時に不思議な出来事が起こり、悩みごとのヒントを得るってのが、主軸の内容でした。
「どうにかしたい!」とジタバタ足掻くと守護者が動く!
って、法則そのままの物語には、深く共感しました(^-^)
しかし↑
何よりも興味深かったのは…
「統治者が統治者でいるために民衆からの支援を受けるためにどうすれば良いか?を考えていた」
って、ところです。
ある統治者は、敵を対外に設定して、戦争で民衆からの支援を求める
国土を広げて、領内を豊かにすることで、民衆からの支援を求める
公衆浴場を作ることで支援を求める

統治者は、つねに民衆からの支援を得るために色々な行動を起こしていた?

これって…
今までの私の感覚にはなかったことで…
戦争、そして、領土の拡大は、統治者の野心がそうさせていた!
と、思っていたのですが…
統治者が統治者であるために、民衆から選ばれるためにしていた!ってのならば、ちょっと感覚が変わって来ます。
では?
織田信長は?
豊臣秀吉は?
加藤清正は?

色々な史実をもう一度検証しなおす必要があるのかも?
だから↑
この時期に滋賀県に行き?!
秋に名古屋へ行くのかも??

…ということは、やっぱり!
守護者の手の中で踊らされて、この映画を観に行くことになったのかも(-_-)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

リーダーでいつつげるためには
支援してくれる人々の要求を叶え続けること
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.