FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

学びは、ない!と思っていたのに…
先日、ブログに書いた映画「きみはペット」の件ですが…
「学びは、なかった!」と思っていたのに(・・;)
しっかり!?
キーワードは、ありました(+_+)
キーワードは、「モモ」
まったく…
油断も隙もない(+_+)

これが、何故?キーワードなのかは…
微妙に説明しずらいので、「分かる人には、分かる!」
って、ことで省略させて頂くことにして(・・;)
この「モモ」のキーワードが繋がったのは、「姫川」です。

先日より、「姫川薬石」ってのが、ジャストに置かれています。(詳しくは、魔女社長のブログで!)

「姫川」って、地名に反応していた私(某ドラマが気になっていたので…)
そこに「モモ」って、名前が飛び込んで来たので↑
こりゃ(・・?
更に気になる!
で↑
調べてみたところ…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

姫川(ひめかわ)は、長野県北安曇郡および新潟県糸魚川市を流れ日本海に注ぐ河川。一級水系の本流。

水源は長野県北安曇郡白馬村の親海湿原の湧水である。
古事記には、糸魚川市付近を治めていた豪族の娘、奴奈川姫に大国主命が出雲から求婚しに来たという神話が残されている。
この奴奈川姫が姫川の名の由来とされる。

姫川沿いは長野県と新潟県上越地方とを結ぶ数少ない交通路であり、塩の道(千国街道)として利用されてきた歴史がある。今日でも国道148号および大糸線(JR東日本・西日本)が並行している交通の要衝である。

千国街道(ちくにかいどう)(糸魚川街道、松本街道とも呼ばれる、新潟県糸魚川から長野県大町そして松本、塩尻)や、 三州街道(伊那街道、飯田街道とも呼ばれる、愛知県岡崎から長野県飯田、塩尻)、 秋葉街道(静岡県御前崎から長野県飯田、塩尻) などが日本の塩の道を代表している。

これは、
①古来からの旧道が多く残っていて観光道・トレッキングルートとして整備されていたり、
②景観にすぐれ、四季の変化がはっきりしていること、
③古事記の奴奈川姫、大国主、その子である建御名方神(諏訪大社の祭神)や、「上杉謙信が武田信玄に敵に塩を送る」などといった神話・伝説が数多くあること、
④フォッサマグナ(糸魚川静岡構造線)に沿っていることから地質学的興味を起こされること、
⑤近年ブームになっているパワースポットがルート付近にあること、などなどの魅力によるものと考えられる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

って、ことで気になるキーワードを更に発見!
「大国主命が出雲から求婚しに来た」
ってのは、先日、出雲に行った私には、当然気になるキーワード!
そして、「上杉謙信が武田信玄に敵に塩を送る」ってのも…
先日、ふと目が止まったテレビ番組で、上杉謙信は、実は、女性だった説って内容の中で
「女性だったから、塩を送ってあげたのでは?」なんて、語られていたので、繋がってる??

繋がっている!
ってことは、守護者のメッセージが隠されている!ってことですから(・・;)

もう一度!
映画「きみはペット」の内容を検証してみないとヤバい(+_+)

何を見逃したのか??
ちょっと焦ってます(/_;)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

結局!
学びのない出来事は、ひとつもない
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.