FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

また妖怪(゜-゜)
先日、魔女社長から
はなカッパのシール
を貰いました!

それで、思い出したのが、夏休みにはなカッパのイベントのチケットを山ほど貰ったことです。
イベント自体は、子どもたちが興味がなく(+_+)
ちょうど次の日にあったお茶会で小さいお子さんのいる参加者の方に差し上げました。(そういえば、昨日のお茶会にも参加されていた方でした。)

あの時から、「カッパ」のキーワードは来ていたのか?!
私…
どんだけ見逃してるのよ(+_+)
まず過ぎる(T^T)

でも、少なくとも、あの時期!熊本の方には、共通なキーワードがカッパだったはずですよね?!
皆さんは、気づいてました!?

慌てて調べてみたところ…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『はなかっぱ』は、あきやまただしによる絵本作品。

NHK教育テレビで2010年3月29日からテレビアニメとして放送中である。

緑豊かな「やまびこ村」のかっぱ池に河童の家族が住んでいて、その頭には皿ではなく花が咲く「はなかっぱ一家」の物語。

テレビアニメ放送以前の原作本ではエコロジー(地球環境問題)をテーマに描かれており、テレビアニメには登場しない「ポークシティ」という都会があって、その町は大気汚染やゴミ問題などの環境破壊に悩まされている。なお、テレビアニメ放送以降からの新刊では、テレビアニメの設定とキャラクターが逆輸入されている。

(はなかっぱ)
頭にとりあえずの花が咲いている主人公。汚れた空気や水に入ると頭の花がしおれたり、友達との喧嘩や転んで痛いときも散ってしまう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

環境問題(゜-゜)
千と千尋の神隠しと共通のテーマですね(゜-゜)

更に気になるのは、やまびこ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

山彦(やまびこ)は、日本の山の神・精霊・妖怪である。
また、山や谷の射面に向かって音を発したとき、それが反響して遅れて返って来る現象を、山彦が応えた声、あるいは山彦が引き起こした現象と考え「山彦」と呼ぶ。
その場合は幽谷響とも表記された。
また、樹木の霊「木霊(木魂)」が応えた声と考え「木霊」とも呼ぶ。

鳥取県鳥取市では、山中に住む呼子(よぶこ)または呼子鳥(よぶこどり)という者が、山彦の声を発すると考えられていた。
高知県幡多郡橋上村(現・宿毛市)楠山では、昼夜問わず深山で突然恐ろしい声が聞こえる怪異をヤマヒコという。

西日本に伝わる妖怪の山童や、『和漢三才図会』にある妖怪のやまこと同一視されることもあり、木の霊が山彦を起こすと考えられたことから、木の中に住んでいるという妖怪の彭侯とも同一視された。『百怪図巻』『画図百鬼夜行』などの妖怪画集にあるイヌのような姿の山彦は、または彭侯をモデルにしたものと考えられている。

前述の鳥取の呼子鳥は鳥の姿といわれるほか、長野県北安曇郡の小岩岳では人の言葉を返す「山彦岩」という岩があるなど、妖怪としての山彦の起源や種類は一様ではない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

妖怪と鳥取=出雲旅行で行く場所に繋がりました(T^T)

そして↑
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

山童(やまわろ、やまわらわ)は、九州を始めとする西日本地方に伝わる童子姿の妖怪。
河童が変化したもので、山間部に棲むといわれる。やまわろと記されることもある。
また、これとは別に同音語の山わろという妖怪もある。

熊本県南部ではガラッパが彼岸に山に入って山童になり、春の彼岸に川に戻ってガラッパになるという。
このような河童と山童の去来を、田の神と山の神の季節ごとの去来、さらには夏季と冬季に二分される日本の季節に対応しているとする見方もある。

ガラッパは、南九州に伝わる妖怪。
河童に似た名前の通り、単に河童の訛りとも言われるが、河童に似た別の妖怪という説もある。

悪戯が大好き。山中で驚いたり道に迷ったりするのはすべてガラッパの仕業とされる。

人間から理不尽な攻撃を受けた場合は必ず仕返しをしたと伝えられている。
山でガラッパの悪口を言うと必ず仕返しされ、特に悪口を言った者が靴を履かずに裸足だった際には、その悪口は数kmまで離れたガラッパの耳にも届くという。

悪戯好きの反面、恩義を忘れない性格とされる。
熊本県では、川で悪さをしたガラッパをある者が懲らしめ、もう悪さはしないよう言い聞かせた上で許して逃がしてあげたところ、その川では水難が起きなくなったという。

かつて数多くの悪戯を働いたガラッパたちも、現在ではいつも考えごとをして静かに振舞っているという説もある。
これについては、かつてガランデンドンというガラッパの神が、鹿児島の神社でガラッパたちを集めて悪事を働かないよう説得し、戒めの文字を石に刻み、その石がある限りガラッパは悪さができないとされている。

人間の仕事を手伝う話も多い。
熊本には薬売りに膏薬の作り方を教えた話や、魚採りを手伝ってくれる話がある。
特に魚については、ガラッパと友達になることで面白いように魚が沢山取れるという。
また鹿児島の薩摩川内市では、田植えを手伝った話が残されている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

改めて、カッパと熊本の縁の深さを知り、ちょっとびっくりです。

で!
カッパ=神様を怒らせずに↑
色々手伝って貰う為には??
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.