FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

まだまだ修練が足りません(>_<)
豊臣秀吉公の命日8月18日繋がりで・・・
徳川家康公の命日が気になりました。

昨年は、織田信長公の命日6月2日あたりで、キーワードでやたらに見た私(*_*)

昨年も今年も6月は、鎮魂・浄化月間ということで、朝夕の儀式をスペシャルバージョンで行っていました。

8月は、毎年お盆に向けてのスペシャルバージョンをやっているので、そういう意味では、秀吉公の命日はラッキー♪

秀吉公の分を加えればよいだけなので、助かります。

しかし、織田信長公・豊臣秀吉公ってくれば、徳川家康公が気になる(・・;)

調べてみたところ命日は、4月17日でした。 

4月17日周辺に家康公のキーワードは見かけなかったような??

家康公は、信長公のように裏切りにあったわけでもなく・・・
秀吉公のように子供を含め、豊臣家の将来のことを気にして亡くなったわけでもなく・・・

3代目の跡継ぎのことまで決めて、唯一の不安の種であった東北の独眼竜伊達政宗も野望も阻止して、家康亡き後は、伊達政宗は徳川幕府のご意見番となり、2代秀忠、3代家光を支え、徳川の盤石の基盤をつくったそうですから心残りがなかったのかな?
家康公が作った江戸時代は250年、世界も稀な平和で日本独自の文化を生みだしたのだからきっと満足してるのでは?!
…そんなことを考えていましたが↑
ところが、ブログを調べてみてビックリ!!

今年の4月17日あたりに来ていたキーワードは、「三つの三角」と数字の「三」!

家康といえば、三河の国に出身=「三」!

そして、徳川家の家紋は・・・
「三つ葉葵」=「三つの三角」じゃん(゜Д゜)

つまり・・・
4月にも家康公のキーワードが確実に来ていたのに気付かなかった私(>_<)

まだまだです(T^T)
修練せねば!?

徳川家繋がりで、次に気になっているのは、会津松平家=会津
と!
起き上がり小法師(レイセルエナジー協会から送ってきたもの・岡山でもらったもの)

調べてみたら…
☆☆☆☆☆☆

起き上がり小法師(おきあがりこぼし おきあがりこぼうし)は、福島県会津地方に古くから伝わる縁起物・郷土玩具の一つである。

会津地方ではこの小法師を「十日市」という毎年1月10日に行なわれる縁日で家族の人数+1個を購入し一年間神棚などに飾る。

☆☆☆☆☆☆☆

会津藩(あいづはん)は、陸奥国(後の岩代国)会津郡を中心に現在の福島県西部と新潟県の一部を治めた藩。藩庁は若松城(会津若松市)。

☆☆☆☆☆☆

1955年、周辺の7村を編入し、これを機に都市名を若松市から現在の会津若松市に変更した。
都市名の変更は、福岡県若松市(1914年市制施行。現・北九州市若松区)と混同を避けることなどを目的として行われたもので、先に市制を敷いた都市の方が改名を行った唯一の事例である。

福岡県若松市のほうは門司市・小倉市・戸畑市・八幡市と合併して北九州市となったため、「福岡県若松市」は消滅したが、会津若松市のほうはその後も「会津」を冠したまま現在に至っている。

☆☆☆☆☆☆

門司市が出てきました(・・;)
「三つの三角」・・・門司港で見つけたキーワードです。

ぐるっと回って一回りしたので、キーワードは、出揃ったはずですが・・・

さて、解答はなんだろう?

もう少し考えてみたいと思います!
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.