FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

出雲の前に門司?!
2011年の「神有月」に出雲大社に行く!と決めたのは↑1年以上前です(^-^)
「出雲大社」へ行くと決めたときに、新幹線の開業を知り(゜-゜)
飛行機より新幹線が便利だという左脳の理由よりも…

その時がちょうど、新幹線のエネルギーラインが気になっていた時期で(゜-゜)
「新幹線以外を使ったら守護者が怖い!」って、右脳的な理由で(-_-;)新幹線で行くことにしました。

結構、そんな理由で日程も予定も決めている私です(゜-゜)

しかし…
最近になって気付いたのは今年が「兎年」だってことです。
兎と言えば、「因幡の白兎」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

神話・伝承に出てくる白兎。因幡国に渡ろうと考えた隠岐(おき)島の兎は、鮫(さめ)をだますことを思い付き、同族の多さを比べようと鮫に呼びかけて、鮫を因幡国の気多崎(けたのさき)まで並ばせた。その上を踏み数えながら渡った白兎は、まさに計画が成功しようとしたとき、「お前たちはだまされたのだ」といったばかりに、最後の鮫に捕らえられて皮をはがれてしまう。このとき兄たちの求婚旅行の袋担ぎとして同行していた大汝神(おおなむちのかみ)(大国主命(おおくにぬしのみこと))が兎に会い、兄たちとは反対に、親切に兎に治療法を教えてやった。それで兎は「あなたこそ求婚に成功なさるでしょう」と予言した。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そして、出雲大社は…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本神話によれば、大国主神が天津神に国譲りを行う際、その代償として、天孫が住むのと同じくらい大きな宮殿を建ててほしいと求め、造営されたのが出雲大社の始まりであるという。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

つまり…
出雲大社は、因幡の白兎に登場する大国主神の神社ですね。
大社内に、因幡の白兎に関する銅像もあるそうです。これって、偶然?
それとも、メッセージ?
まあ、とりあえず、兎年の今年、新幹線に乗って、出雲へ行くのは正解!って、読み解きました。

更に↑
最近、確認してみたところ…
出雲旅行に行く予定の4名とも!が、「門司が気になる!」
さて、何のメッセージが隠されているのか?
とりあえず!
出雲大社へ行く前に揃って、門司へ行ってみることにしました(^-^)

何が起こるか?楽しみです(^_-)

解答予想!
バス旅行?
ツアー旅行?
海上自衛隊?
中国?
鳴門?
さて、どれかな?
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.