FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

出雲大社?出雲大社教?!
娘は、昨夜のテレビの「不可思議探偵団」を見ていたらしく?!
「呪いは実在した!?呪いの効果を徹底解明せよ!」なんてコアな情報を仕入れたみたいです(*_*)
相当インパクトが強かったらしく?!
昨夜からの話題の中心は、「怖い話」
娘が自ら、テレビで見た話や色々作った話を聞かせてくれます(゜-゜)

そんな中…
全然別の内容を検索中に「育霊神社」ってのを発見!

気になって、クリックしてみたら↑
なんと!
呪いの儀式が行われる禁断の神社について放送さた中のひとつでした(*_*)
岡山県新見市にある680年の歴史をもつ育霊神社を訪ねそうで(゜-゜)
娘の話にも出て来た「丑刻まいり」の神社でした(T_T)

更に!
その神社への道標の看板に「出雲大社教」ってな文字を発見!

何でも…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

出雲大社教は、愛の神、幸福の神、結びの神である大国主大神(だいこくさま)と私たちとを結び、私たちが明るい家庭、明るい社会を築くように教え導くことを目的とする教団です。
この出雲大社に対する国民の信仰を宗教教団として結成をみたのは、明治6年で、その組織を図ったのは、時の第八十代出雲國造(いづもこくそう)、出雲大社大宮司千家尊福(せんげたかとみ)です。
千家尊福は、全国に布教活動を展開し、今日の出雲大社教の基礎をつくりました。
なお、尊福は「年の始めのためしとて、終わりなき世のめでたさを、松竹たてて門ごとに、祝う今日こそ楽しけれ」の一月一日の唱歌の作詞者としても知られています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

つまり!
出雲大社の宮司さんが作った宗教で!
政府の関与があったりで、紆余曲折の末、現在は、出雲大社と合併?しているようです(*_*)

ご存知でしたか?
私は、全然知りませんでした(・・;)

昨日、出雲大社の記事を書いた後にあった出来事(゜-゜)
これって、偶然?!
いや、偶然にしても(/_;)微妙(・・;)

しかし…
息子のために、フィギュアの検索をするはずが(゜-゜)

全然別の情報に行き着いてしまいました(゜-゜)
更に昨夜は、時間切れで、息子のフィギュア検索は出来ず(・・;)

家庭のバランス…
ヤバくない?!
反省しつつも(゜-゜)
京都へ行った時の「天理教」のことを思い出している私です(*_*)
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.