FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

互酬性(^-^)
今朝の熊本日日新聞から、たくさん学びがありました!
抜粋させていただきますと↑
まず、新生面からは…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

何かをもらえば、お返しをする。
気持ちをもらって、物で返すこともある。
文化人類学では「互酬性」と呼ばれる。
今話題のタイガーマスク。熊本での送り主の手紙には、今の幸せは貰ったもので、現金はそのお返しだという。
売った、買ったの市場社会とは違う原理がここにはある。
善意と言うだけで説明できないものだ。
世代間や見知らぬ人たちとの循環。「結」と表現される人間関係。
匿名性に日本人の美徳を見る。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次は、「生きる」のコーナーから…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「姉に学ぶ」
一人暮らしの姉は、地域に見守られて暮らしている。

家のカーテンが昼近くまで開かないと、必ず電話したまり、訪問したりして、気にかけてくれる人がいる。
こんな環境で暮らせる幸せは、これまでの姉が人としての生き方を間違えなかったからではないかと思っている。
どんなに富や権力があっても、死から人を救うことはできないけれど、日どころの努力によって人は、死ぬ時に、自分の人生を後悔しないように生きられるはずだ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最後は、経済面から…
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「おもてなし」武器に海外へ

日本的な接客や技術に繊細な気配りが目の肥えた消費者の心を引きつける。
一人一人の客を思う心を完全にマニュアル化するのは、無理、外国の企業は真似出来ない。
「おもてなしの心」
生身の人間同士の付き合いが薄まる今ほど、温かい日本的なサービスが歓迎される時代はない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日の考えていたのは、
「お金にならない行動をどれだけ出来るか?」
それが、2012年の波動変動を上手く乗り切るためのキーワードでは?!
ってことです(^-^)

今朝見つけた記事から推察するに…
どうやら、正解!のようですね(^-^)

もう一つ考えていたのは、
「この時代にここにいること自体が特別で、誰かだけが選ばれた特別な人なわけではなく、誰もが選ばれた特別な人」
だよね(^_-)
ってことです。

さて、私に出来ることは何でしょうか?
考えてみます(^_-)
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.