FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

これもご褒美なのか?
昨日の親子サークル「たんぽぽクラブ」の陶芸体験!

今日のテレビ放映では、たくさんの参加者の中、親子三人がバッチリ映ってました!
ラッキー♪
ついでに息子のインタビューもきちんと放映され(^-^)↑
良い記念になりました(^-^)
これもご褒美かも♪

ところで、今回の陶芸体験での学びは…

普段の状況から予想して、陶芸体験の申込みは、子供達二人だけにさせて、私はサポートに回りました!

何故なら!
いつも最後には、「ママやって!」攻撃が始まるので(゜-゜)
二人分やっていたら、自分の分は無理(*_*)
私ってば、手先の作業には結構ハマる方なので…
自分の分をやっていたら、「自分の分は、自分でやりなさい!」と喧嘩することに(T^T)
私の分は頼まないのが、無難(゜-゜)

案の定…
娘は、しばらくすると、「こっちを綺麗にして!」と作りかけの私の担当分が回って来ました(*_*)

ところが!
「絶対来る!」と予想しておりました息子の分は回って来なかった!
これには、びっくり(*_*)

大体、最初に回して来るのは、息子なのですが?
粘土だったから良かったのか?
自由課題だったから良かったのか?
色々理由はあると思いますが…
一番の理由は、「親が口を出さなかったから!」かもしれません(゜-゜)
今回は、一切口を出さずに好きに作らせてましたが…
いつもならば、先回りして、
「それ折れない?もう少し、大きくしないと焼き上がりは、小さくなるよ!」
とか、ついつい言葉を掛けていたかも?
思い返せば…
完成度を求め過ぎて、いつも先回りし過ぎていたかも?
私もそうですが…主人の方が結構、声かけが多いような?
色々言われるので、面倒くさくなって、「やって!」とこちらに回して来るのかも?

初めての子供の息子には、手をかけ過ぎていたのでは?
と、思った体験でした。
私が口出しをしなかったお陰で、自由な発想で「ネッシー」を作り…
テレビレポーターのお姉さんに「発想が凄い!」とお褒め頂き…
テレビ出演!となったわけです。

親子サークルで毎回体験の後に感想を発表する機会があるお陰で、口ごもらずにインタビューにもちゃんと応えられたし↑
親子サークルに参加させて頂いているお陰で、色々な子供の成長場面を見る機会があり、母的にも学ばせて頂いてます!

来月は、「栗拾い」です!
息子達は、初体験!
楽しみです(^_-)
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.