FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

富士山(^.^)
先日、シェリーさんとエイキチさんと一緒にお食事をしました(^.^)
3人が集まれば、やっぱり、スピリチュアル系のお話が多くなるわけですが~
そんな中で、最近、「論語」が気になっていた私。
孔子について、調べたことの話題になりました。

△△△△△△△△△△△△

孔子(こうし、・音: K・ng F・z・、紀元前551年‐紀元前479年)は、春秋時代の中国の思想家。儒家の始祖。世界三聖に数えられる。孔子、釈迦、イエス・キリストの三人を指す。

△△△△△△△△△△△△

ってな~内容です。
世界三聖人?
「知らなかったよね~」
「でも、何で男性ばっかりなの?」
「宇宙エネルギーの法則でいえば…エネルギーが降りてくるのは、女性では?」

「男性は、女性からエネルギーを貰うわけで~
ってことは、誰か凄い女性が隣にいた?」
「それとも、実は三人とも…」
この先は、ヤバすぎるので、なかったことにしちゃいました(*_*)
解答は、出ましたが~
書けません(-_-)

まあ~
そんな風に妄想話で盛り上がりました。

そして、話題は富士山のことに(^.^)
シェリーさんもエイキチさんも頂上まで登られたことがあるそうです。
ならば~
「富士山は、二人の担当にしたら?」
「私は、途中までしか登ってないし…二度と登るつもりはないから!?」
って、二人に富士山担当をして貰おうとしたら~
嫌な~情報を教えてくれました(-_-)
何でも、東京行きの飛行機から富士山が見えるそうですね(-.-)

「富士山上空です!」
って、アナウンスもあるとか?
確かに(*_*)
私…マスターに言いました。
「登るつもりはないよ!もし、仕事をさせたいのならば、富士山の上空から見せて頂戴!」
私のイメージでは、
「ヘリコプターの富士山遊覧船でも持って来い!」
でしたが…

こっちかい!?
実は(-_-)もうすぐ、東京ディズニーランドに行きます。
確か、娘のリクエストのはずですが…
もちろん、富士山上空通りますよね(-.-)
オーダー通りの富士山上空(*_*)
お仕事しないと行けません(+_+)
しかも、お盆前に行くって、出来すぎてます(@_@)

でも~
何で?マスターは、富士山だけ、超!プッシュ?
日本で一番高い山だから??
どーも(-.-)
ピン!と来ません(-_-)

そしたら、今朝解答が来ました!
朝、子供を送り出したあとに散らかっている紙を片付けていて、見つけたのは、右脳教室のプリントです。

娘が勉強している内容のプリントが机に置いてありました。
右脳教室の送迎担当は、主人で、ついでに勉強を見るのも主人担当になっているので、私は今子供達が何を勉強しているのやらさっぱり解りません(*_*)
そのプリントには、娘が赤く縫った火山帯が書かれてました。
「火山帯…懐かしいな~」

なんて、眺めてみて…
びっくり(@_@)
火山帯の赤く記しは、北海道から日本の形にそって下降、富士山のあたりで一番途切れ、九州の方からも日本の形にそって、乗降して富士山あたりで途切れでいます。
そして、ちょうど富士山の火山帯は、その中間を日本を輪切りにする感じで色が塗ってありました。
なるほど(@_@)
これなら、富士山のラインを整えて、左右?のラインに繋げれば、火龍のラインは、ピカピカになるかも?!
まあ~
私ごときで出来るかどうか?
の問題はありますが(*_*)

やれるだけは、やってみましょう(^.^)

帰って来てから、火山帯のことを調べてみたら…

△△△△△△△△△△△△

火山帯(かざんたい、volcanic belt)とは、火山がある程度の幅をもって列をなしているもの。
日本では過去に国内の火山を地理的な観点から7つの火山帯に区分していたが、火山学的には全く関連のない火山までもまとめていることもあり、現在では用語自体があまり使われない傾向にある。
使う場合でも環太平洋火山帯のように規模の大きなものに用いることが多い。


△△△△△△△△△△△△

ほ~
左脳的データで解析するとどうやら、上手い分類ではないようですね(-.-)
右脳的には、バッチリの分類ですけどね(^_-)
何でもかんでも左脳のデータ重視は、考えものかも??なんて、思いました。

そういえば、食事会の時!

母親ですので、子供の塾の話にもなってました。
息子は、そろそろ対象年齢です。
塾の話を聞きながら~
今行っている右脳教室の塾は、どうかな?
塾専門のところに移すかな?
なんて、迷いが(-.-)

でも、今回の火山帯のプリントで、決心しました。
そういえば、毎月の論語のチョイスもその月のキーワードにビンゴ!
平家物語等の暗記宿題のタイミングもキーワードにビンゴ!
つまり、その時の波動にぴったり!のチョイスをされている訳です。
これってやっぱり、右脳教室だからでは?!
左脳の勉強ではなく、右脳の感覚を学ばせたくって、0歳から通っている教室です。
どうやら、私の意図に即した教室を選べているようです。
ってことは、この教室で引き続きOK!
安心しました(^.^)

マスター!色々有り難う(^_-)
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.