FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

ぞっ~(T_T)
昨夜は、旅行で疲れきって家に帰り着きました。
家族のみんなは、早々と夢の中。
私だけ、次の日の準備が終わらず~
バタバタ(-.-)
やっと、準備も終わり…
「さあ、寝よう!」と言う時になって、何故か?私の手は、夏目漱石の「こころ」の本に伸びました。

ちょっとだけ!
と、思いつつも…
ついつい、時を忘れて、最後まで、読んでしまいました(~o~)

ふと、時計をみると…
もう、日付の変わる時間です。

でも、あとは後書きだけですから、ついでに読み終わろうと~読み進めました。
古い時代に書かれた本ですから、「後書き」と言っても、解説文が書かれています。

その中のある章を読んで、久しぶりに「ぞっ~」としました(T_T)

解説文には、こころの主題の「自殺」についての解釈がありました。

7月30日に亡くなった明治天皇を追って乃木将軍が殉死したのは、9月13日だそうです。
そして、こころに出てくる「先生」が、乃木将軍の殉死を知って、自殺を決めたのは、文章から推察すると9月15日か、16日だそうです。
また、実際に自殺を決行したのは、9月末頃になるようです。

私は、全く歴史には、詳しくないし、興味もないので…
乃木神社には先日行ったにも関わらず、殉死された日付を記憶しておりませんでした。

しかし、この文章を読んだ時、ふと思い出したことがありました。

先日の9月13日の日に知人達とある場所に行くことを決めました。
この数日前から、話題にはなっていたのですが…
日時と時間が正式に決まったのは、13日でした。
その場所に行くなら、「ついでに近くの乃木将軍関連の場所にも行こう!」と言う話になってました。

何で…
乃木将軍が亡くなった9月13日に「行こう!」と決めたのでしょうか?
只の偶然??

多分その場所は、乃木将軍が一番心を残している言われる軍旗を奪われてしまった周辺のはずです(-_-;)
この軍旗を奪われてしまったがために、殉死したようなものだそうですから…

やはり、乃木将軍に呼ばれたのでしょうか?

そんなことを考えていて、ふと気付いたのは、日付のことです。

まさに昨夜は、こころの中の先生が自殺を心に決めた日付では?
しかも、ちょうど日付が変わる時間ですから…
9月15日・16日ともどちらも当てはまります(T_T)

このことに気付いた時、流石に、私も背筋がぞっ~(>_<)

マジに嫌な鳥肌が走りました(-_-;)
私は、何に魅いられたのでしょうか? 
これも、偶然??

自殺したあとの魂は、ほとんどが未浄化霊です(~o~)
大分前に自殺されたご主人の件でご相談を受けたことがあります。

話を聞いた途端に…
彼は、すぐ目の前に現れました。
自殺を決めるまでの行動・決意の気持ち・ビルから落ちる感触(T_T)

彼は、足を一歩踏み出した途端に後悔していました。
でも、もう遅かった(-.-)

何十年も未浄化霊として、奥様の側にいました。
未浄化霊は、どんなに側にいても守護霊にはなれません。

悲しいことです(T_T)
あとに残した子供も守ることもできません。

浄化を行い、奥様と子供さんの守護霊として、導きました。
「こんな父親なのに子供達の守護霊になってもいいだろうか?」
そんな心配をする彼のためにわざわざ奥様の許可を受けて、彼を安心させてから守護霊に入れました。
その後…
奥様のされていた商売が上手く行き出した。
と、聞きました(^_^)
彼は、ちゃんと守護霊としての勤めを果たしているようです。

久しぶりに、そんな相談があったことを思い出していました。

そしたら、また、来た~(>_<)

家事の合間の暫しのリラックスタイム!
貯まっているビデオをみようとカチャカチャ
出て来たのは、日本史サスペンス劇場「織田信長編」
何で、こんな番組が?
不思議に思いつつも、見てました。

すると、信長の態度を改めて貰おうと、お守り役の家老が切腹=自殺する場面が(~o~)
げっ!
更には、本能寺の変(-.-)

信長さんも炎の中、無念の切腹です(>_<)

おーい(@_@)
これって…
私に何をさせたいの??

「こころ」の中では、確か、「先生」が自殺したのは、9月末頃…

9月末までのテーマは、「自殺された方の浄化=鎮魂」かも(~o~)

また、浄化ですか?

マスター(T_T)
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.