FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

レイライン??
「マヤ暦」が気になって、通りがかりに本屋に行ったのは、7/17のこと。
しかし、普通の本屋にそんな専門書?はなかった。
変わりに見つけたのは、「古代オーパーツ((歴史からのはみ出し物)」って本と「古代文明」って本。
2つを見比べて、しばし、悩む(+_+)
私の場合、気分が乗れば、続け様に本が読めるが…
気分が乗らなければ、全然本を読む時間を作らない。
お蔵入りなる本も沢山ある(*_*)
夏休み期間に本が果たして、読めるか?
ビミョー(@_@)
結局、いかにも怪しそうな「超古代オーパーツ」の方だけを購入した。

読んで見たら…
ほー(-.-)
怪しい(^_^)
でも、面白い(^-^)v
要するに…
「世界各地の遺跡や太古の地層からは、先端技術の片鱗とおぼしきさまざまな遺物や超古代より伝わる知識が秘められた品々が発見されている。進化論の常識をくつがえす遺物の数々を紹介。」
が書いてあるわけだが…
これが、結構、右脳の感覚では、頷けるところがある。
猿の表記も面白い(^-^)v
何でも、「猿石」なるものが、太平洋周辺に分布しているらしい。
奈良やモアイ像、済州島、サイパン、メキシコに猿に似た石があるとのこと。
宇宙人説やムー大陸とくっつけて説明してある。
真偽のほどはともかく、どれも私に関連するキーワードでまとまるのが面白い(^_^)
あと、エネルギーラインのこと!
正式には、「レイライン」と言うらしい。
これも、始めて知った(-_-;)
でも、感覚は間違ってないようで…
歴史的に重要な遺跡や聖地などはいずれもそのラインの上に置かれているそうだ。
丁度、クローバーさんに、「昔の日本のお城や神社・寺院は、エネルギーラインの上にあるよ!」って、話をした日に、偶然?この話が書かれたページを読んだ。
これも必然?
マスターの計画のうち?
やっぱり、この本って、右脳世界の教科書?
と、思った。

こうなると、俄然、現在、「人類の歴史」として、認知を受けている=私達が、本当の歴史だと信じている物語の方にも興味が出てくる。
一週間後の7/24に同じ本屋に「古代文明」の方を買いに行った。
でも、売り場にない(*_*)
「えっ?読まなくって良いってこと?」
変わりに目の前にポーンと目立つように…
明らかに不自然な形で、置かれていた本!
「古代史~封印された謎を解く」
うーん(@_@)
「手に取れ!」
と、ばかりに置かれていたので、またまた、怪しい本を買うことに(@_@)

まあ(-_-;)
しかし、読み進めるほどに右脳の感覚は納得!
「大体、あってるよ!」って、感じである。
こちらは、日本の歴史
邪馬台国や聖徳太子の時代の歴史の話である。
「ある人の思惑で、歴史書が作られた!
自分に都合の悪いことは、隠蔽し、新たな話を作った!」
って、感じの本である。

真偽のほどは、別にして…

2つの本を読んだ時の右脳の感覚を信じるのが、正解だろうか?

この感覚は、やはり、「真実は、隠されている!」が正解!と解答を出した一因になった。

とりあえず、来月は、既成概念を取り払って、物事をニュートラルに捉えて見よう(^_-)
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.