FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

7/7のメッセージは?
宇宙関連が来るかな?と思っていたけど…
結果は、「交通事故!」だった。
ブログには、書かなかった?けど、去年の7/7も同じメッセージだったような(-_-)

私自身が交通事故に注意!だろうか?
それとも、みんなに伝えてかな?
「走る凶器に乗っていることの自覚が必要!」って、ことを肝に命じるべき。
が、メッセージ??

そう言えば、カウンセリング料金を寄付しょうとして探した「あしながおじさんの会」
前回寄付したのは、親のいない乳幼児施設の会だったが、大きなの組織の方は、交通事故遺児を支援するモノだった。

実は、その他にも、カウンセリング料金をYMCAを通じて、タイの里親制度に寄付しょうと貯めているお金がある。
本来は、4月の時点で寄付が完了するはずだったのだが(-_-)
制度の方から、全然連絡がない。
申し込みは完了していて、あとは、制度の方から、手続き用の用紙が送られてくるはずなのだが(._.)

うーん(-_-)

寄付先を変更がメッセージかな?

と、そんなことを思っていたら…
YMCAからのメッセージも発見!転記させてもらいますm(__)m
Kumamoto YMCA news
(毎月受講生向けに発行される新聞)からの抜粋
△△△△△△△△△△△△
「ゆるすことの大切さ」
総主事:堤弘雄さん

自分は何もしていないのに交通事故に巻き込まれた。交通事故を起こしてしまった。天災で被害を受けた。愛する人から裏切られた。言葉によって傷つけられた。人に騙された。愛する人を喪った。
私たちの日常生活ではゆるすことのできない出来事がたくさん起こります。時には人をゆるせなく裁きたくなります。状況によっては運命や神をもゆるせなくなることもあります。また、何故あんなことをしてしまったのかと自分自身をゆるせなくなるときもあります。
そこには人を裁いたり、恨んだり、非難する気持ちや、罪悪感にしがみついている自分がいます。はっきりしていることは、そのような思いを持ち続けることは、人や自分を傷つけ続けることを意味します。自分に与えられている限りある人生の多くの時間を、憎しみや怒りを胸に過ごすことは実にもったいないことです。そのような心の呪縛から私たち人間を救い、苦しみを解き放ってくれるのが「ゆるす」心ではないでしょうか?

ジェランド・G・ジャンポルスキー(精神医学者)が書いた「ゆるすこと」という詩の一部

ゆるすことは幸せになるための処方箋
ゆるさないことは苦しむための処方箋
当然だと思われるような怒りでも
こだわり続けていれば
神の安らぎを味わえなくなる
ゆるしとは 怒りからの解放であり
攻撃的な思いにさよならすること
最も深い意味でのゆるしとは
愛に満ちた神から自らを
切り離してしまった自分を
ゆるすこと
私はこころから信じている
一人ひとりが
自分も含めてすべての人を
完全にゆるせるようになったとき
世界は本当に平和になるということを

△△△△△△△△△△△△
「全てを受け入れゆるす」ことも私にとっての大きなテーマである。
他人が何をしょうとも、何をされようとも、それを受け入れゆるす。
自分自身の全てもありのままに受け入れゆるす。
本当に全ての人々が、実行することができれば、世界は平和になるだろう。

だが、もし、子供を気付けられたら…
私は、許せるだろうか?
それさえも、子供と私の修練として受け止められるのか?
まだまだ、修行が足りないようである(T_T)

しかし…
「自分自身を許してあげて!」カウンセリングの時にも、良く伝えていた言葉の一つである。
自分自身をゆるすことが下手な人が多い!と感じている。(私自身も含めてだが)
その結果、他人とのトラブル・ストレスを抱えることも多い。
自分自身をゆるせない人は、他人もゆるせないものである。

奇しくも、今日偶然?話をした方の悩み事も同じだった。

とりあえずは、今現在発展途上の自分自身をゆるし認めよう!

そして、足元をもう一度良く見渡して、一歩一歩を歩いて行こう(^^ゞ

実は、今日は、娘の習い事の参観日だった。
しかし、プリントの確認ミスで、今日あることを全然知らなかった(T_T)
家庭も!ちゃんとやらねばと反省中である(>_<)

あと1つ!
魔女社長にあやかって?
私も只今、ダイエット作戦中(^-^)v
昨日のスピリット勉強会で、「みんなに公言した方が良い!」と言われていたので…
月曜日~今週の土曜日までに、2Kg減が目標!で、チャレンジ中(^^ゞ
実は、一番痩せていた時から、比べると、6Kg増加(T_T)
流石にそろそろ、服がヤバい(>_<)
魔女社長を見習って、レッツ瞑想(イメージ法・潜在意識に入れる)ダイエットにチャレンジ!である。
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.