毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

ドッカーンと来た(T_T)
ポリアンナさんから、メールで、情報が届きました。

ポリアンナさん有り難うございましたm(__)m
最近、本当に皆さんが重要な情報を寄せて下さるので助かります(^_^)
それとも、私が余りにも「気付かない」ので、マスターが手配しているのでしょうか?
あり得る(@_@)
マスター・皆さんお手間を取らせておりますm(__)m
これからもよろしくお願いしますね(^_-)

さて、今回頂いた情報のメール。
メールを読みながら、エネルギーが身体を走り、この暑い中、またまた鳥肌状態になりました。
それと同時に目に涙が滲みます。
「何?」
何に涙がでるのか、わかりません(@_@)

ポリアンナさんからのメールは…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

新聞は熊本日日新聞ですか?
月1でやってくる別冊の『まいらいふ』で、8月号(7月末に配布)に日赤の歴史に触れていたんです。
熊本の日赤は日本赤十字の発祥で、その元になったのは『西南戦争』だそうです。
敵味方関係なく救護したいとの考えから設立されたそうですよ。
このところのキーワード、『西南戦争』に関連したところに樺輪さんが勤めてた…。
マスターはずっとメッセージを出し続けてた!?
…って思うと凄いっ!!としかいいようがないし、過去も現在もこうして過ごしていることは本当に必然なんだな~って改めて感じた次第です(^_^)

以上、私の感動をお伝えしました(^^ゞ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
どぁ~(*_*)
この時点で私は、まだ、「まいらいふ」を読んでませんでした。
来たのは、確か先週辺り…
あとで読もうと、未読雑誌の山の中でした。
手に取った時に読んでいれば…
解答がすぐわかったのかも?
まだまだ、レベルが低い(T_T)
修練が足りません(*_*)

しかも、当然勤めていたわけですから、この情報は何回か聴いた覚えが…
思い出さないって、どんだけぇ~
ですよね?
これは、心して再度修練に励まなければ!!

しかし、と言うことは一体いつから、マスターの計画でしょうか?
私は、最初から、日赤に行くつもりではなく…
タマタマ入社したのですが(-.-)
そういえば、入社試験当時は、最高に体調の悪い時期で…
交代制は無理!日勤のみを探そう!
って、ことでの選択でした。
以前、ブログにも書きましたように…
今になってみれば、月に一度熱出すあの体調も、チャネラーゆえ!にだったわけで(*_*)
やぱり、全ては必然!?
マスターの計画??
これは、生まれてから今までの半生を振り返って見る必要があるかも?
人生に無駄はなし!
全ての経験は、必然!ですね(^^ゞ

メールを見ながら、日赤の事を考えていたら、「世界に従軍看護師」と言う単語がふと浮かんで来ました!

すると、身体中を物凄いエネルギー=鳥肌が走ります(T_T)
そして、涙がポロポロ(>_<)
これって、正解!
魂が喜んでいるよ!
の合図ですよ(*_*)

ヤバい(@_@)
解答って、まさか…
今さら、看護師で!ってことはないでしょうから…
チャネラーとして、世界中のレイライン調整でしょうか?
まさか…
まさか…

魔女社長は、世界に飛び立たれる予定ですが…
少しは、お手伝いさせて頂ける!って、ことでしょうか?
なら、嬉しいですね(^^ゞ

早速、「まいらいふ」を取り出して読んでみました。
なんと!
熊本城内にあった総督本部に行き、博愛社=日本赤十字社の設立の申請をし、許可されたそうです。
多分、先日行った「本丸御殿」の地下のことでしょう。
繋がって行く…

その説明が書かれた箇所に「西南の役における救護の様子」を描かれた絵があります。
その絵を見ながら、どんどん涙が…
もう、涙が止まりません(>_<)

実は、このブログもティッシュ片手に泣きながら、書いてます。

妄想族ですが…
多分、西南の役の時代
私はここにいました。
私の産まれた場所は、鹿児島です。
あちらこちらに父の転勤で移り住みましたが、結婚するまで、本籍は鹿児島でした。
その事にも意味があるような気がして来ました。

人生のテーマ
再度、見直すべきかも?
しかし、7/31に来るところが…
もう、マスターには叶いません(T_T)
準備は整いました!
8月!正念場です\(^-^)/

右脳と左脳のバランス!
家庭とテーマのバランス!
頑張ります(^^ゞ

皆さんも、今まで人生を振り返って見られては?
きっと、今世のテーマが隠されてますよ!

瞑想講座・身の丈起業家準備講座=ヒーラー養成講座を今月・来月に受講開始される方!
超ラッキー!ですよね?!
良い波動が来てます\(^-^)/
心して、修練されて下さいね(^_-)

まだ、受講を迷われている方は、上手く波動に乗って、是非!受講されて下さいね(^^ゞ
スポンサーサイト
Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.