FC2ブログ
毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

お知らせ??
変です(--;)
気のせいなのか??
マドレーヌさんブログ(http://madelinemagazine.blog123.fc2.com/)には、コメントが、なかなか…書けない(--;)
今日は、2回書いて、2回ともどこかに消えた(>_<)
3回目に全然別のことを書いたら、コメントが反映した(--;)
実は、マドレーヌさんのブログにだけ!!コメントを書いて反映しないことが、過去にも数回あって、その度にコメントを書くのを挫折している。
コメント出来る時と出来ない時がある。
他の人のブログの時には、無い症状なのよね(>_<)

さて、何の「お知らせ」なのか?
余りにも右脳に行き過ぎ?それとも、マドレーヌさんとのコンタクトを妨害するヤツが?
はたまた、コメントに書いてないで、ちゃんと自分のブログに書け!と言うこと?

とりあえず、今日の分は、「ちゃんと自分のブログに書け!」って、ことだと思うので、以下に書くことに…

過去の分は、テッキリ操作ミス(--;)
と思っていたので、原因は分からない…
しばらく、検証してみるね(((・・;)

で、今日コメントしたかったのは、精神関連の病は、不浄霊の仕業かも?
と言う船井メディアのメルマガについて…
私もこのメルマガは、読んだ…
で、感じたことは…

結局、精神の病も病気・怪我も自分自身が呼び寄せるものかも?
と、言うこと…
全て事柄が、必然で必要な出来事なら、病気・怪我も「気付き」を得るための必然の出来事だよね?
で、あるならば、「気付き」を理解出来なければ、一度治ったとしても、また、自分自身が呼び寄せることになるのだと思う。
だから、もし、不浄霊が病気・怪我に関わりがあるとしても、浄化だけ!をやっても、その人にとっては、「ほとんど意味がない」ことだと思う(--;)

不浄霊が先に来て、それが原因で病気になったわけではなく…
病気にならないと「気付き」を得ることが出来ない自分がいて、その結果、不浄霊を呼び寄せた自分自身がいる。
ならば、不浄霊のせいにするより先に自分を省みて改革すべきでは?
だから、例え、本当に症状の悪化の原因が霊体でも、それは教えないのが得策かもよ?!

人のせい、環境のせいにする、とにかく、何かのせいにする!
原因を摩り替えるのが上手い人ほど…
「気付き」を得ることが、難しく、その結果、不浄霊さんいらっしゃい!!
の状態に…

だから、すがりつき系の人・自分は悪くない系の人ヘのアドバイスは、要注意!
原因は、「不浄霊です!」
と、言われた途端に、そのせいにして、自分を省みる行為をしない…
「私は、悪くない」
「原因は、私ではない」
そうして、問題点を摩り替える機会を与えることは、良いことかな?

決して、船井メディアからの情報を否定しているわけではなのでお間違えなく!
ただ、自分自身で不浄霊を取り除く方法を教える・不浄霊を浄化してあげることは、自分自身が変わる努力を出来る人だけ!が良いかも?
と、ちょっと思っただけ…
自分自身が不浄霊を取り除く方法としては、船井メディアの方法は、正しいと思う。
多分、指示に従って一生懸命唱えた人は、その行為で自分を変えられるのだろう(^-^)

この件で私が、ナーバスになるのは、いつも悩むことに直結しているから…
カウセリングで会う会わないの線引き(--;)
すがりつき系・私は悪くない系の度合いが高い程、私がカウセリングをお断りする確率が高くなる…
でも、その度合いが高ければ、高い程、どこかにカウセリング受けに行く確率が高くなるわけで…
多分、このお札を買えば、この壺を買えば、助かるよ!って、言葉に弱い人達で…
それって、どう?

私がその人達を救える!と言うわけでは、決してないけど…
断る度にいつも悩んでいる(>_<)

ただ、皆さん、決して、お間違えないように!!
私のカウセリングを受けた結果、何かが変わった方がいるのなら、それは、私の力ではなく、ご本人達の修練の成果だよ!

未だにカウセリング料金を取ることには、抵抗を感じているけど…
カウセリング料金をキチンと頂き初めてからの方が、皆さんのその後の変化は、顕著(^-^)

やっぱり、ある程度のお金を払ってまで、何かを変えたい!と思う気持ち自体が既にその人を変えているのだと思う(^-^)/
その意味では、カウセリング料金を頂き始めたのは、正解だと思っている。

まだまだぺ~ぺ~チャネラーは、日々いろいろな問題に格闘中!

明日は、パワーアップ会!皆さんのパワーを感じつつ、新な気付きを頂く私にとってもとってもお得な会(^-^)/バッチリ瞑想して、気をあげて行きます。
グレートがデシャバリそうなので(--;)会の内容は、さて、どうなることやら?では、明日お会いしましょう(^-^)/
スポンサーサイト



Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.