毎日出会う「お知らせ」「気づき」を忘れないように書いておきます。

今年後半の課題!
昨日の解答↑
「嫌いな理由」は、g+で紐解きをしたので↑
次は、今後の対応について…
大人の魂的には(--;)
「嫌いな人にも!フレンドリーに近づいてみる?」
と、考えてみてましたが…
結構、ハードル高し(◎-◎;)

そしたら、今日のメルマガで
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

嫌な人から遠ざかって気づかせるもの「愛」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ですって(^o^)
「そんなことをしていたら、皆周りからいなくなるよ!」
って、気づかせてあげれるように(^-^)v

これなら、今世の課題で、選択して来たことなので(^-^)
出来るo(^o^)o

問題は、「嫌いな波動の人」が、何らかの権力を持っていて(T_T)
その人の権力に群れる人がいるので、全くの一人にはならず
その人が気付きを得ていないような??
傍観で良いのかな?

とりあえず!
向こうからアプローチがあったら!のスタンスで、
今年後半の様子をみてみたいと思います(^-^)ゝ゛

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

渦の中に引き寄せる人
スポンサーサイト

腹が立つ波動!

アーサー王の円卓繋がりで↑
前世時代に同じような立場で
四角の大きなテーブルで会議をしていた状況を思い出して
テーブルの右奥に不穏な波動の2人がいて
気にはなっていたけど…
放置していたら、その二人に暗殺された的な(--;)

で!
「円卓にしていたら…
そんなことは、なかったのかも?!」
って考えていたのですが…

その二人を円卓の正面に配置したイメージをしてみたら…
「無理だわ(´д`|||)」
言動が腹が立つ(◎-◎;)
とにかく!嫌い(--;)
って感情が(´д`|||)

こりゃ…
逆に円卓だったら、私の方が追い出してたかも( ̄ー ̄)

何故?
無性に嫌い!なのか?考えてみたいと思います(--;)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

前世の影響?!


アジサイの色
今日は、二つの予定候補が相手側のご都合で、予約を入れられず…
「それならば!」
と、美容室へ
そしたら↑
持って来て頂いた雑誌のトップ特集が、「アジサイ」で
ツアーの時にお話していた…
アジサイの色
赤色=アルカリ性の土=血が流れていると的な(^-^)
そんなことを話していたのを思い出して↑

見返りの滝には、赤色はなく!
その後のサービスエリアで、発見!
その後忘れておりましたが、今日、その雑誌を見つつ
調べて見たら…

そのあたりで、戦国時代に結構激しい戦闘があったようで(*_*)
これが、「龍造寺氏」関連
宝当神社の神様になられた方にもこの龍造寺氏は、関連しているので…
微妙(*_*)
更に!
その雑誌の中で、「赤いアジサイ」があったのは↑
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
三室戸寺(みむろとじ)は、京都府宇治市にある寺院。山号は明星山。本尊は千手観音。西国三十三所第10番札所。本山修験宗の別格本山。
後寛正年間(1460 - 1466年)の火災で伽藍を失い、再興されたものの、天正元年(1573年)には織田信長と争った足利義昭に加勢したため焼き討ちされる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
そうで…
焼き打ちならば当然(..)
もう1つは、
下田公園
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

その昔、九州平定を終え、天下統一に向け、歩みをすすめていた豊臣秀吉に対し、後北条氏が秀吉方との対決に備え、南伊豆防衛の拠点として築城した伊豆半島でも最大規模の山城・下田城が、現在の下田公園です。
天正18年(1590)3月、総勢1万人を超える豊臣方の軍勢が下田に押し寄せたとき、これを迎え撃つ城将・清水上野介康英をはじめとする軍勢は600余名だったといわれています。下田城での篭城戦は50日にも及びますが、秀吉方軍の海上封鎖及び陸上での包囲作戦により、4月下旬には開城されることとなります。
下田城は山城で、標高約70mの鵜島山頂に主郭(現在の天守台跡)を置き、そこから伸びる尾根の要所には曲輪(くるわ:役割や機能に応じて城内で区画された小区域のこと)や櫓台(やぐらだい:城の物見をするための櫓の基礎となる土壇)を配置しました。敵の軍勢からの防備のためにめぐらされた空堀は、現在も当時の様相を色濃く残しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
だそうで(*_*)
こちらも、激戦地区(--;)

どうやら…
アジサイの色説正解かも(◎-◎;)

ということは↑
仕事かな?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

車のパンク

映画「キング・アーサー」

夏至に観るには、実に微妙な選択とは思いつつも↑
他の予定を色々調整すると、この日にしか!観れず(--;)
嫌な予感がしつつの観賞でしたが(--;)
案の定…
「失われた大陸」の時代の根本的なリテイクを貰い(..)
守護者の位置にある「柱」のメッセージもわかり
(g+に書くかも?!)
悪魔の意味も(◎-◎;)

結論!
最近のよ全てのメッセージが指し示していた「コト」なの意味がわかったので(--;)
そう言う意味では↑
確かに!
夏至に相応しい映画だったかと(*_*)

一番気になったのは↑
「円卓の騎士」で有名な
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

円卓の騎士(えんたくのきし、英: Knights of the Round Table)とは、アーサー王物語においてアーサー王に仕えたとされる騎士。円卓の騎士に関するもっとも古い記述はウァースの著作にみられる。

その名はキャメロットの城にある円卓を囲んだことに由来する。上座下座のない円卓が用いられたのは、卓を囲む者すべてが対等であるとの考えからである。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
てなもので(--;)
前世の騎士から王になった時代に
「円卓にしておけば、暗殺されなかったかも?」
なんて(--;)
その時代は、普通の四角のテーブルを使っていて…
「右側のあの二人が怪しい!」
と、思っていたら
本当に!
その二人から暗殺された
って記憶が(´д`|||)

そんなことを思い出していたら…
この映画!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『キング・アーサー』(原題: King Arthur: Legend of the Sword)は、2017年制作のアメリカ合衆国・イギリス・オーストラリア映画。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
だそうで(^-^)
共作?
昨日のロシア経済論文も共著だったし…
やっぱり!
「円卓」で正解のようです(^-^)ゝ゛

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

枠を広げる!


温泉へ☆
先週は、私的には!?
たくさんお仕事をしたので↑
今日は、温泉へ(^o^)

岩盤浴の雑誌をみていたら…
公開予定の映画「世界ネコ歩き」=猫が主人公のモノの写真が
その映画は、ネコ写真家で有名な方が監督で、世界のネコを撮影して↑
的な宣伝をみていて…
「その写真は、どんなところに掲載されてるの?その掲載にファンがついて、映画にまで?なったってことは…」
なんてことを考えていた訳です。

とりあえず!
今日の温泉は、正解?!

その次に気になったのが↑
ロシア経済についてかかれた論文が本になったもの
2010年発行で、ロシア経済に詳しい教授の方々の共著な訳ですが…
2010年なので、EUやユーロの今後の発展的な切り口で書かれていて
論文なので、文章的には全く!面白くはありませんが(--;)

7年経過した後の現在のEUやユーロの状況と照らし合わせると
色んな面白かったです(^o^)

共通点は、「世界」「動き」かな?

夏至に向けて↑
もう1つ切り口が必要かも?!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日本を見直す
Copyright © karinの気づき?の日々. all rights reserved.